本番行為の危険性

お店によっては本番行為に対して実力行使をする所があります。本番行為をお願いされた時には、直ぐにお店に電話してプレイは終了となるのが一般的なのですが、気の弱い方であったり、せっかくついてくれた指名客に言われた場合など、一瞬の気の迷いで受け入れてしまう場合があります。そういった場合には、お店のスタッフが違約金という名目で高額な料金を請求する場合があります。

違約金の金額は、デリヘルを利用する前に確認する重要項目に記載されていて、全員確認しているので、そのまんまの金額が徴収される事になります。100万円単位で請求される場合もありますので、一度違約金を支払ったお客様は、二度とそのお店を利用する事がなくなってしまいます。上客であっても本番行為を許してしまう事で指名客を減らしてしまう事になりますので、絶対に本番行為をしてはいけません。

本番行為をする事で性病になってしまう可能性が高くなります。性病になってしまうとディープキスやフェラチオなどでも感染させてしまいますので、常連さんを性病に感染させてしまう可能性があるという事になります。しっかりとデリヘルでお金を稼ごうと思ったら、本番行為をお願いされても、しっかりと断るようにしてください。

本番禁止のお店

風俗求人をチェックしてみると、どのお店も本番禁止と書かれていると思います。この本番禁止とは、男性器を女性器の中に入れて動かす生殖行為の事で、コンドームを付けていても売春になってしまいますので、法律的にしてはいけないことになっております。しかし、お客さんの中にはついハメを外してしまい本番行為をして来ようとする方もいらっしゃいます。

男性と女性の体力を比べたら女性が抵抗するのはとても大変な事は明白です。特にデリヘル店の場合には、お店以外の場所で性的なサービスを行うのですから危険が全くないという事ではありません。そのため、デリヘル店で働く場合には、お店の管理体制がとても重要になってくるのです。

お店によっては、お客様に対してしっかりと説明せずに、注意書きだけを見せている所もありますが、大抵のデリヘル店では事前にしっかりと説明をしています。また、デリヘル店の中にはサービスを提供するホテルが指定されていて、何かあったら数分で駆け付けられるようにとこわもてのスタッフが待機しているような場合もあります。お店を選ぶ場合には、当たり前なのですが本番をしっかりと禁止しているお店を選ぶのが最低条件になります。

風俗求人の選び方

風俗求人を見ていると本当に沢山のデリヘル店があるので、どのお店にしたらよいか悩んでしまう方も多いと思います。2016年現在において、風俗全体の店舗数からデリヘルの割合を算出すると、約40パーセントがデリヘル店だというエリアも登場するほど、沢山のデリヘル店が軒を連ねています。

実際にサービスを提供する場所がホテルであったり、男性のアパートなどですので、賃貸料を事務所だけにする事ができるので、初期負担額を低く抑える事ができたり、他のデリヘル店にはないサービスを展開する事ができるなど、自由度が高いサービスですのでどんどんお店が増えて来ています。

その為、中にはあまり風俗に対しての認識が無かったり、合っても認識が甘いようなデリヘル店も当然ながら存在しています。そういった風俗店の場合には、経営が安定していなかったり、スタッフを大事に扱わなかったり、設備が充実していないなど様々なマイナス面が考えられます。デリヘル店は経営者によってサービスの内容や働き方が大きく変わるジャンルの風俗ですので、事前にしっかりと確認しておく必要があるのです。

そこでこちらのページでは、初めてデリヘル店で働こうと思っている方のために、どのようなお店を選んだら良いのかをアドバイスさせて頂きます。特にデリヘル店は多くのお店がありますので、自分にあっているお店を選ぶのは大変だと思いますので、トラブルを回避するといった意味でも重要な部分になりますので、しっかりと目を通してください。

関連サイト:http://job-jukujoya.com/umeda/
充実した設備で働きやすい風俗店【熟女家 梅田店】